amazonギフト券の転売は逮捕される?リスク回避の方法!

amazonギフト券の転売は逮捕される?リスク回避の方法!

amazonギフト券の転売は違法という主張もありますが、実際には違法ではありません。

ただしamazonの規約違反に当たるため、警告メールや凍結処置(ロック)、最悪の場合はアカウント停止などのペナルティーを受ける恐れがあります。

ここでは、amazonギフト券転売にまつわる各種リスクや違法と指摘される理由について触れていきたいと思います。

amazonギフト券転売は法律違反!?ある事件が違法説の始まりだった!

2017年10月、ある転売サイトを運営していた会社役員が逮捕されました。

搾取したamazonギフト券の現金化が理由で、その金額はなんと13億円にも達します。

転売サイトの開設が2015年11月なので約2年のうちにこれだけの大金を不正に得たことになりますが、この背景には詐欺グループとの関係がありました。

転売サイトの開設当初は犯罪性のない業務を続けていましたが、amazonギフト券を搾取した詐欺グループの現金化に関わったため逮捕に至ったのです。

詐欺グループは、年々厳しくなる銀行やATMからの現金化よりも価値が高く匿名で換金できるamazonギフト券に目をつけました。

この面識ない人たちを騙してお金を奪い取る特殊詐欺の仕組みはとても簡単です。

まず詐欺グループは、犯罪用のアダルト動画サイトを制作、閲覧者が特定のリンクをクリックすると「登録料金を支払ってください」や「使用料金の支払い請求」や「請求に応じない場合は訴訟を含めた対応をする」といった文言を表示し脅迫し、騙された被害者が応じてしまったのです。

詐欺グループがamazonギフト券の送付を求めたのは、高い換金価値や匿名で身元が割れないことが理由だったのです。

amazonギフト券の詐欺について詳しく知りたい場合はこちらも参考にどうぞ。
危険です!amazonギフト券の売買行為・詐欺にあうリスクも

逮捕当時はメディアを通じて大々的に報道されたことや存在感を増しつつあるamazonギフト券が使われたことから関心を集め、これ以降「amazonギフト券の転売は違法」と注意喚起されるようになったのです。

しかし実際には違法ではありません。

確かにamazon利用規約で転売は禁止されていますが、詐欺や不正などの犯罪にかかわらない限り問題ありません。

amazonギフト券転売のリスクとは!?

amazonギフト券の転売にはリスクがあるのは事実です。

主なリスクは、不承認の転売サイトで現金化したり、購入してチャージしようとすると警告メールが届くことがあります。

この他にも買い物やプライム特典が使えなくなる事実上のアカウント停止、入手したamazonギフト券の無効化措置を受けることもあります。

今やインフラの一部となった感のあるamazonを利用できなくなると生活に欠かせない商品が購入できなくなるため影響は多大です。

またアマゾンプライムを利用して映画やドラマ、アニメなどのコンテンツを楽しんでいる方は、娯楽手段を失うことになります。

関連記事
転売禁止のAmazonギフト券・購入がバレるとどうなる?

amazonギフト券転売でクレジットカードが使えなくなる!?

転売したamazonギフト券購入でクレジットカード決済していた場合も影響を受けるかもしれません。

発行元である信販会社の規約違反のリスクとして残高の一括請求、クレジットカードが使えなくなる、他社でクレジットカードが作れないといった可能性があります。

中でも残高の一括請求は生活に大きな影響を及ぼします。

毎日の買い物や旅行や外食代など他、まだ返済が終わっていない代金を一括請求されるため、クレジットカードの利用頻度が多い方ほどリスクが高くなります。

またクレジットカードが使えなくなることで決済手段を失い、ブラックリストにのると別会社でもクレジットカードを作れなくなってしまうのです。

amazonギフト券転売リスク!携帯キャリア決済の場合

amazonギフト券購入に携帯キャリア決済サービスを使ったさいにもリスクがあります。

携帯キャリアの約款では、詐欺グループを含む犯罪組織や行為に関与していないことも条件になっており、万が一違反した場合は契約を打ち切られる可能性もあるのです。

最悪の場合は携帯が使えなくなることもあります。

この他にも縛り期間中で契約違反すると約款に応じた違約金が発生するため、その負担もしなければなりません。

また携帯キャリアのブラックリストにのると他キャリアと契約できなくなることもあります。

携帯キャリア決済サービスでamazonギフト券を購入する場合は注意しておきましょう。

逮捕はされないけどamazonギフト券転売にはリスクがある!

amazonギフト券転売が注意喚起される理由やリスクについて触れてきました。

転売そのものは違法ではないため犯罪ではありません。

しかし詐欺グループと関わったり、詐欺グループに協力する転売サイトを利用するとamazon規約違反に相当する可能性が高くなります。

またクレジットカード決済や携帯キャリア決済で手に入れた場合も規約違反の可能性があるため注意してください。