転売禁止のamazonギフト券・購入がバレるとどうなる?

転売禁止のAmazonギフト券・購入がバレるとどうなる?

転売サイトで購入したamazonギフト券にまつわるトラブルをご存知でしょうか。

転売サイトから購入した事実がバレてしまうと警告メールが送られたり、サイトでチャージできなくなる場合があります。

買取業者ならamazonギフト券を簡単に転売できますが、一定のリスクもあるのです。

ここではamazonギフト券の転売について触れていきたいと思います。

amazonギフト券の転売は禁止されていた!その理由とは!?

結論から言うとamazonギフト券の転売は禁止されており、場合によってはペナルティーを課せられることがあります。

使い勝手の良いamazonギフト券は各種キャンペーンやプレゼントにも使われるようになりましたが、それに比例するように詐欺や不正に入手して転売する犯罪行為が増えています。

それに対してamazonは、転売サイトで取引されたギフト券に注意を払うようになりました。

具体的には、転売や詐欺などの犯罪行為によって不正に取得した恐れのあるamazonギフト券の凍結処置(ロック)や無効化、関連アカウントの停止といったペナルティーを課すなど厳しい姿勢を示しています。

特に未承認サイトで転売されたamazonギフト券に対する警戒は強くなりました。

amazonの影響が及ばず、不特定多数が利用できる未承認サイトは、匿名で換金したい犯罪者にとって格好の転売手段となっており、amazonやユーザーに損害を与える恐れが高くなります。

また世界各国でサービスを提供していること、上場企業であることでのコンプライアンスの徹底が求められること、世界のIT業界を代表するトップブランドであることも厳格な対応の背景にあると考えられます。

実は転売できる!リスクを回避するための3つのポイント!

利用規約において転売を禁止していますが、あくまで不正行為で取得した場合や恐れのある場合に限定されているため、普通に利用していれば問題ありません。

しかし犯罪や不正に関わっていないのに警告メールが来たり、ペナルティーを課せられてしまう場合もあります。

この背景にあるのが、休眠アカウントだと考えられます。

アカウント登録しているけど長く利用していない休眠状態で、ギフト券を転売するのは危険です。

ログインして商品をチェックするだけでは足りず、実際にアカウントにチャージしたり、amazonギフト券を購入するといった「取引する」ことがポイントになります。

つまり定期的にamazonサイトで買い物をするという普通の行為が、リスクを避ける最大の方法なのです。

また休眠アカウントの乗っ取りも問題になっています。

何らかの方法でパスワードやメールアドレスなどが流出したり、割り出されてしまいamazonギフト券を大量購入されたり、勝手に出品サービス登録させられ詐欺行為に加担させられてしまったというトラブルもあります。

このようなトラブルを避けるには、定期的にパスワードを変更すること、パスワードを他のサイトのものと共有しないなどの対策をしておきましょう。

未承認サイトでamazonギフト券を転売しないことも大切なポイントです。

amazonサイトで指摘する未承認サイト(https://www.amazon.co.jp/amazon-ギフト券-購入/b?ie=UTF8&node=4705466051)で転売したことがバレると警告メールが来るなどの危険性が高まります。

このようなリスクを避ける方法が、古物商の許可を持つサイトや実店舗を持つ買取業者です。

実際に店舗のある古物商の信頼性は高く、amazonが警戒する不正行為に関わる危険性が少なくなるため、警告メールが送られたりといったトラブルを抑制できます。

amazonがどのようにアカウント管理しているかはわかりません。

しかし世界屈指のIT企業であるamazonは、ビッグデータやAIなどにも強いため、犯罪に使われた恐れのあるアカウントを割り出すアルゴリズムを構築していると考えられます。

あなたが犯罪には関わっておらずとも何らかの理由で利用しない期間が長期に及ぶと「犯罪の恐れがある」に分類される可能性があります。

そのためamazonギフト券転売を効果的に行うには休眠アカウントを避け、未承認サイトで転売しないことがポイントといえるでしょう。

amazonギフト券を転売するならプロの買取業者を利用しよう

amazonギフト券の転売にまつわるトラブルについて説明してきました。

amazonは基本的に転売を禁止していますが、あくまで犯罪や不正行為に関わった未承認サイトを利用した場合であり、古物商許可をもつ買取業者での転売を禁止しているわけではありません。

そのため、お金がなくなりamazonギフト券の転売を考えているならプロの買取業者を利用してリスクを避けましょう。