危険です!amazonギフト券の売買行為・詐欺にあうリスクも

危険です!amazonギフト券の売買行為・詐欺にあうリスクも

amazonはギフト券の売買行為を認めていませんし、売買で詐欺の被害に遭う可能性も指摘しています。

ビール券などの商品券を金券ショップで買う感覚で、amazonギフト券をサイトで買う人が多いです。

しかし、個人売買のサイトはグレーゾーンにあります。

ここでは私が調べたamazonギフト券の売買に関する危険性や、トラブルに陥らない方法などを解説していきます。

amazonは個人売買を認めていない

まずamazonはamazonギフト券の個人売買行為を認めてないです。

友人にギフトとして贈ることは想定の範囲内だったでしょう。

しかし、匿名性の高いギフトカードを、詐欺に使う犯罪が増えたことで事態は変わります。

さらに、一般の人がサイトで販売することが増えたことも、収拾できない事態を引き起こした要因になっています。

amazonで買い物しない人はギフト券を持っていても、使えません。そこでお金に換えるためにサイトに出品する人が増えたのです。

そのような人は純粋にギフト券とお金を交換したい人だったのでしょう。

金券ショップでは買い取ってくれないので、サイトで欲しい人を募ります。

サイトでの販売は古物商許可の有無に抵触する可能性はありますが、知らずに販売していた人は多いと思われます。

その後市場が大きくなると、隠れ蓑ができて詐欺が横行しだしたのです。

私が調べて分かったのは、詐欺の下地は市場規模が大きくなった頃に出来上がったことです。

市場規模が小さいと匿名性が保てないので、詐欺をすることが難しい状況でした。

詐欺が横行するようになる

サイトは匿名性が高く、amazonギフト券は誰が買ったかを把握できないのであれば、詐欺は増えます。

例えば、カードの情報だけを抜き取って、使えなくしたカードを送る方法があります。

これであれば、売った方は知らなかったと言えるのです。

何度も続けていれば詐欺とバレますが、その前にアカウントを変えればいいだけです。

このような事例が出てきて個人売買が危険と認識され始めました。

また、このような詐欺は単純ですしアカウントの凍結で問題が解決できます。

本当に問題なのは犯罪の片棒を担がされる行為です。

詐欺に加担する可能性とトラブルになること

現金の振り込め詐欺などが問題になっていましたが、未然に防ぐ対策ができたので減少傾向にあります。

しかし、現金を伴わないギフト券を使った詐欺が横行しだしました。

amazonギフト券は高額なものがあるので、現金の代わりに使ったのです。

この詐欺の手口は振り込め詐欺で集めたギフト券を、サイトで転売してお金に換えます。

マッチングサイトであれば、アカウントは簡単に作れますし、銀行口座だけで販売可能です。

アカウントを誰が作ったかが分からないので、捕まる確率は低いのです。

このような犯罪者からギフト券を格安で買った人は、知らないうちに犯罪に加担した可能性があります。

詐欺が広まった理由は、マッチングサイトの匿名性でしょう。

販売時に身分証明書が必要であれば販売者を制限できますが、それが必要なかったのです。

マッチングサイトは利便性を重視したために、この仕様になりました。

犯罪が起きるとは想定していなかったのでしょう。また、犯罪に加担するだけではなく、amazonギフト券が使えないトラブルも起きています。

amazonは未承認サイトから購入したと判明しているギフト券に対して、ロックをかけています。

そのロックが解かれることはほぼないです。

このロックがかかったギフト券とは知らずに購入すると、使えないトラブルに陥るでしょう。

amazon側からは未承認サイトから買ったことが問題だとされるのです。

詐欺グループにお金を払った上に、ギフト券を使用できないのでは格安で買う意味はないでしょう。

公式サイトから買うことが大事

格安で買うことよりも確実に使えることを優先して、amazonギフト券は公式サイトから買うことが大事です。

トラブルに陥ったらamazonは対応してくれないので、amazonが承認しているサイトから購入するのです。

割安で買えるのは詐欺かもしれないと疑うと、トラブルを未然に防げます。

amazonギフト券を売買する危険性のまとめ

amazonはギフト券の売買行為を認めていません。

そのためマッチングサイトで被害にあっても対処しないです。

割安で買えるマッチングサイトでは詐欺が横行していますので、トラブルに陥る可能性があります。

また、詐欺の片棒を担がされるかもしれないので注意が必要です。

犯罪に加担したくないのであれば、公式サイトから買うことです。